本日5月23日(土)再開館 常田健画集・横尾忠則選定作品展/前期5月23日~9月13日(日)

~宇宙人が結んだ縁~

常田健・角川春樹・横尾忠則

1999 年常田健88 歳の夏、銀座ギャラリー悠玄での大回顧展をきっかけに全国デビューを果たす。NHK / BSドキュメンタリー、TBS/筑紫哲也 NEWS23、NHK/日曜美術館など人気番組に登場し一躍有名人となる。
様々な文化人が常田健の周りに集まったが、大きな出会いは『画集 常田健』を出版した角川春樹事務所の角川春樹であった。角川春樹は常田健の画集はこの男だと横尾忠則を訪ね作品選定から造本まで全てを委ねた。
当時の横尾忠則の守護神宇宙人のコードネームはケンであったと云う。全く共通項のない三人だが視えないパワーが出会いを生みこの豪華版画集は誕生した。
手にとってその重量を感じると角川・横尾・常田の情熱と芸術文化の深さが時代を超えて伝わって来る。

文責:高橋美智子(常田健記念財団)

「常田健 土蔵のアトリエ美術館」開館のお知らせ

当館は昨今の状況を鑑み閉館しておりましたが、5月23日(土)から再オープン致します。
(横尾忠則画集選定作品展/前期5月23日~9月13日(日)後期9月19日~2021年1月31日予定)

来館にあたり入口にアルコール消毒液を設置し、共用部分はアルコール消毒を行います。
熱のある方、少しでも体調不調のある方の来館はご遠慮お願い致します。
感染予防の為、出来るだけマスク着用をお願いします、またスタッフのマスク着用ご了承ください。

尚、新コロナ禍状況下、緊急発生が生じた場合急遽閉館させて頂きます。
皆様のご理解とご協力~何卒宜しくお願い致します。
皆様のご来館心よりお待ちしております。

「常田健 土蔵のアトリエ美術館」より

東奥日報朝刊2020年3月30日(月)

東奥日報朝刊2020年3月30日(月)
「常田健土蔵のアトリエ」掲載されました。
記事・斉藤光政(東奥日報社・編集局論説編集委員)

常田健は膨大なデッサンも残されています。
また以前東奥日報に連載されたカット絵も残されています。
常田健美術館では、今後これら未発表作品を随時展示する予定です。
4月25日(土)オープン致します。
●企画展第一弾
「画集 常田健」横尾忠則選定作品展
前期:4月15日(土)
後期:8月30日(日)
来館お待ちしております。

2020/4月25日(土) “常田健美術館”生れ変って開館

皆々さまにおかれましてはご健勝のことと存じ上げます。

コロナウィルスへの対応に追われる日々謹んでお見舞い申し上げます。

さて 暫くお休みを頂きました「常田健土蔵のアトリエ美術館」は常田健記念財団の運営により生まれ変わり4月25日より開館致します。年間の開館日と開館時間の延長を致しまして皆さまのご来館をお待ちいたします。
人気の代表作“稲刈り”や“水引人”“親子”などと共に未発表作品もご覧頂き常田健の知られざる魅力に触れていただきます。
また、横尾忠則氏が絶賛した“デッサン”の初展示そして東奥日報連載小説の人間味溢れる見事な挿絵など画業の集大成を企画展としてご覧頂けるよう計画しております。
新しい美術館の面白さを体験頂きたいと準備は熱烈進行中!!

この春、生れ変わる「土蔵のアトリエ美術館」

ご家族ご友人お誘い合わせの上ご来館下さいますようお願い致します。

館長共にスタッフ一同心よりお待ちしております。

令和2年4月よりリニューアルオープンのお知らせ

常田健「アトリエ美術館」は現在閉館しております。
来年4月より「常田健記念財団」が運営、管理を行います。
それに先立ち4月までの間、作品の整理・修復等の作業を行っております。
皆様、来年2020年4月よりリニューアルオープン常田健「アトリエ美術館」青森浪岡町へお出かけ下さい。
www.tsunedaken.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/6