リニューアル後、来館者数1千人到達

本日、昨年5月にリニューアルオープンをしてからちょうど1千人目に当たる方が来館され、当館から記念品として『画集 常田健』を贈呈いたしました。
1千人目の来館者は青森山田高校で教師をされている鳴海悟さんで、授業で玉岡かおるの小説『ひこばえに咲く』を扱った際に、生徒にもっと常田健の事を知ってもらいたいと思い、そのためにもまず自分で観に来たいとの事で来館されました。

G.W.の開館スケジュール

ゴールデンウイークの5月3日(月曜日)は開館します。振替の休館日はございません。引き続き新型コロナウイルス感染症対策を実施していますので、皆様の来館をお待ちしております。

中世の館 歴史教室 vol.11

昨日、青森市中世の館が主催する企画「中世の館 歴史教室 vol.11 ~土蔵のアトリエ美術館見学会」が行われ、26名の受講者が来館されました。

常田健記念財団の山本ミノ美術監督、高橋美智子理事長の両名から常田健の画業についてレクチャーがあり、受講者の方々は真剣に耳を傾けていました。