2020/4月25日(土) “常田健美術館”生れ変って開館

皆々さまにおかれましてはご健勝のことと存じ上げます。

コロナウィルスへの対応に追われる日々謹んでお見舞い申し上げます。

さて 暫くお休みを頂きました「常田健土蔵のアトリエ美術館」は常田健記念財団の運営により生まれ変わり4月25日より開館致します。年間の開館日と開館時間の延長を致しまして皆さまのご来館をお待ちいたします。
人気の代表作“稲刈り”や“水引人”“親子”などと共に未発表作品もご覧頂き常田健の知られざる魅力に触れていただきます。
また、横尾忠則氏が絶賛した“デッサン”の初展示そして東奥日報連載小説の人間味溢れる見事な挿絵など画業の集大成を企画展としてご覧頂けるよう計画しております。
新しい美術館の面白さを体験頂きたいと準備は熱烈進行中!!

この春、生れ変わる「土蔵のアトリエ美術館」

ご家族ご友人お誘い合わせの上ご来館下さいますようお願い致します。

館長共にスタッフ一同心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください